記事の詳細

やほー、クリスです!

億検はもう聞いてくれたかな?

2月から、新しいオーディオPodcastも始まるから
楽しみにしていてね。

ところで、あなたは、像のしつけの仕方を知っているかな?

像はまだちっちゃな子象の頃に、縄につけられて、
大きな杭に結び付けられる。

そしてその杭は、大きくて、
象がいくら引っ張ってもびくともしない。

がっかりだよね。

そのうちに子象は学ぶんだ。
いくら引っ張っても無理だって。

そして、その杭の周りの縄の届く範囲から外には
絶対に出ようとしなくなる。

そして気がつくと子象はでかい象になっている!
ハタから見ると変な感じだよ。

だって象をつないでいる紐を支えているのはちっちゃな杭だけだ。
象の縄はたったの一本の杭だけで地面に打ち付けられて、
どう見ても、象が本気になったら、
その杭なんて軽く引きぬけてしまうみたいだ。

でも、安心して。

象たちは子どもの頃から杭に結びつけられている時には絶対に、
その杭から縄の長さ以上には出ようとさえしないから。

安心しているわけにはいかんわ!

だって、その象はあなたのことかもしれないんだ

僕らほとんどが、子どもの頃に学習してしまった
強烈な挫折により限界の設定!

本気になれば、絶対に抜けちゃうような小さな杭に、
一生の自由を奪われている。

あなたはもう大きな象なんだ。

いつまでもその小さな杭におびえているんだ。
いやいやあなたが恐いのは、小さな杭なかじゃなくて、
もう一度自分を信じて、失敗して期待を裏切られ、
自分の無力さを実感することなんだ!

でも、あなたにはすでにその杭をぶっこ抜いて前に進む力がある!

自分ではわからないかもしれないけど、
周りから見れば一目瞭然だ。

実際に杭を引き抜いて、自由になった象たちから見ればすぐにわかる。

あなたには十分な力がある。

もうあなたは、過去の痛みに脅かされ続ける必要はない。
今すぐ。最高の人生を行き始める決断をしてごらん。

僕らはどんなことがあろうが、
あなたの新しい決断を応援している。

あなたの未来は無限の可能性に満ちている。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る