記事の詳細

スピードコーチ社的文化!

一生懸命がんばった人は、尊敬、ねぎらい、褒め言葉などの報酬があるよね。

でも、がんばって売上げ(成果)も作る人は、尊敬、ねぎらい、褒め言葉+収入という報酬がある。

僕らみんな、子供の頃から、一生懸命がんばる事を
わりと評価の重要なポイントとして教わってきた。

結果だけしか見ない事に批判的になりがちだ。
日本人はプロセスを大切にするって言うよね。

でも結局プロセス(過程)を大切にすると言いながら、
実際の結果に満足していないなら、
ちょっとどこかに誤解があるのかもしれないでしょ。

「結果と原因」は明快なんだよね。

色々な結果が共通するものをグループにしてみる。
そして、そのグループに共通の原因を探る。

それから、ためしに意図的にその原因を作ってあげると、
その後、必要な時間やプロセスの後で、
何度でも、その望む結果が得られるかを検証する。

がんばる事は、素晴らしい。
そこから学べるならなお素晴らしい。

でもただがんばったり、苦労した事が常に、
望む結果に繋がるっていうわけじゃないよね。

だから、がんばったからという事で、
結果に結びついていないのに、何かのご褒美がもらえてしまうと、

人の脳は、「がんばる事=報酬」と結びつけてしまう。

そして、今している事が、
自分が望みもしない結果に繋がる行動だとわかっているにもかかわらず、
同じ事をがんばり続けている人が多い。

その、がんばり、早く捨てちまわないとね。やり方が違う!

たとえば、収入UPを望むなら、
収入UPに繋がる行動を最適化していけばいい。

売り上げをあげれば収入はあがりやすいのだ。
(短期的なプランでは短期的な収入UPしか望めないけれどね。)

でも、長期的な継続するプランなら、
ただ、一生懸命がんばるより、望む結果に近づく成果を出せる!

自分がなりたい未来の自分をはっきりくっきりイメージの上で明快にして
自分の人生の目的に燃え!ますますワクワク生きよう!

あなたの中には使ってない100倍の感情の力が眠っている!
ただ、今前に進むために1の力を使っていて、
でも対立する、右と左への感情が50ずつあったとしたら。

結局力は相殺されて、1になってしまうかも知れない。
100分の1だ。

自分のなりたい未来がクリアにならない人は、
もしかしたらイメージ力のトレーニングが必要なのかもね。

本気で見つけたいなら、毎日10分間目をつぶって望む未来をイメージするという事を
3ヶ月やってみよう。

出来れば寝る前に、ベッドに入ってから、将来やりたい事や素敵な未来をイメージして
寝たらいいかもしれない。そして自分の無意識君に質問するんだ。

「これどのくらいかかります?」
ってね。

そして朝起きたときに、飛び起きないで、5~10分でいいから、
ぼやっとしたままベッドの中でそのイメージを見てみる事をしたらいいよ。

イメージ力は、とにかく練習練習!
たくさん練習すれば、かなり見えないものが見えるようになってきます。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る