記事の詳細

今オーストラリアのDWDに参加中!

ヤバイ、今年2回目参加の人が、
「去年とは比べものにならないぐらいのスゴイ気づきがある!」
初めての人は、
「人生の本当の目的に出会えた」
「今までの全ての人に感謝できるようになった」
「夢がまったく変わってしまった、前より全然現実的ででも大きな夢!大好きだ」

もうあり得ない。

去年の参加者約50人、今年も約50人。
どうして??と考えた。

去年も1チーム
今年も1チーム 

そう、だいたい1チーム50人ほどなのだ。

各チームにはトレーナーが1人、シニアリーダーが2人、
そしてリーダーが5~8人つく。

でも僕らのチームは、トレーナー1人、シニアが2人 リーダーが2人だ。日本語の分かるのは僕だけ。
だからものすごい忙しい。
そう!世界中のトレーナーもシニアもリーダーも全て含めて日本人は僕1人しかいないのだ。
だから急いでみんなに早くリーダーシップに入ってくれと頼んでいる。

そう今はキャパ的に、日本語の分かるリーダーが世界で僕1人なので、日本人チームが1つしかつくれないのだ。
だから早く別のシニアリーダーが育ってくれる事を望む。

だからシニアリーダーが3人でやっと3チーム150人が実現する訳だ。その頃には僕はトレーナーになっているからね。

早く日本を世界を変えるスゴイスキルとビッグハートを持った人たちがパートナーを探しているよ。

DVDに行きたいと思った人。

○○の条件がそろったら行きたい

ではなく

「行くと決めたので、○○を解決してしまいます。」
の順番だよ。

「いつどこに行く」という強い決断と感情的な大きな理由があれば、方法は幾らでもサーチできる。作業の多く枠を段々小さな1時間単位まで細分化すれば、あとは細かくやっつけるだけだ。

だから
「行きたい」
ではなく、
「○○が解決したら行きたい。」
でもなく、

「行きます」

で人生の次のステップに行こう!

クリス
(クリス岡崎のmixi日記より転載)

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る