記事の詳細

スパイラルダイナミクスを知ってる?

最初のレベルは、生存競争
第2レベルは、恐れの中に生き、依存する
第3レベルは、力の誇示
第4レベルは、正義とルール、上下関係
第5レベルは、成功と達成、金持ちが偉い
第6レベルは、調和と自然、仲間と愛あるコミュニティー
第7レベルは、柔軟性と意味変換
第8レベルは、意識の超越

世界をめぐり1000億の企業の経営者や
兆単位のビジネスをしている富豪達や
国家レベルの指導者達と知り合い
月収億単位の友人たちと出会って思う

成功者って結局自分が望む状態を知り
その状態を作り上げられる人なんだって

スポーツの世界では、数字が物を言う。
芸術の世界は感性と技術
ビジネスの世界では、事業の規模や利益

金メダリストがいいコーチとも限らないし
人間国宝がいい先生とも限らない
お金持ちが人生の手本とも限らないし
著名人が幸せな人生を行きているとも限らない。

成功コーチをしていて思う。

成功なんて簡単だ。

こうなれば「成功」って定義して
そうなれば「成功」これが成功者

でもそれが幸せとは限らない。

この状態になってこう感じたら「成功」

その感じとは「ワクワクして優しい気持ちで充実感を感じている事」って設定してあって、

その状態になり=BE
このように感じたら=FEEL
成功という時に

成功=幸せになるんだよね。

100億1000億規模 兆単位の仕事をしている友人がいると

その人のあつかうお金の大きさや年収と
その人の人生をリスペクトするとは限らないと感じる。

優れたカメラマン、優れた金メダル選手
優れたビジネスマン

もちろんその分野では最高にリスペクトするし
頂点に立った人たちへのリスペクトは当然だけど

それはその人の全人格を表すものではない。

レベル4〜5で自分が頂点に達したと
思ってしまう人もいる。

僕はやはり、子供たちが憧れるような
ご機嫌な冒険家で人を大切にする人がいいな。

そして自ら転びながら成長し続ける
チャレンジャーな姿を見せてくれる人がかっこいい。

僕の勝手な価値観ですが…。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る