Blog post

istock_11ビジネスで成功する方法を 意外なところで発見しました。 それはお正月でのこと・・・ あなたはお正月はどんな風に過ごされましたか? 家族団らんを楽しんだ、テレビを見た、 初詣に行ったなど、充実したお正月を過ごされてかと思います。 普段仕事が忙しい人にとっては、 家族とのコミュニケーションには非常に良い機会ですね^^ お正月に親戚が集まる文化も薄れつつありますが、 親戚で集まって新年を迎えたという方も多いかと思います。 親戚が集まるとなると、自分の子どもも含め、 甥っ子、姪っ子も集まってきます。 そこで色んな甥っ子や姪っ子が自分が大好きなおもちゃを 持ってくるんですよね。 子ども同士で自慢し合ったりして、楽しそうに遊ぶんです^^ その中でも目立つのがPlay StationやNintendo DSなど 「テレビゲーム」です。 子ども達がNintendo DSやPS Vitaを持ってきたり、 親戚の家に既にNintenndo Wiiやプレステが置いてあったり^^ 自分の子が持っていないゲームを親戚の子が持ってくるんです。 お互いに持っていないゲームを交換するなんていう場面もあります。 最初は子ども達だけで遊んでいたのに、 「みんなでやろう」ってなって大人達も巻き込まれる^^ 最初はみんなで楽しくやっているですが・・・。 多くの場合、大人達がぼろ負けするするんですよね 普段、子ども達に上からものを言っている大人達はたじたじ(^^;; 最初は同じ条件で始めたゲームなのに、 ゲームが終わってみると子ども達の圧勝! また、こんな話を聞いたことがあります。 Nintendo Wiiの中にWii Sportsというスポーツ体感型のゲームがあります。 その中の競技の一つにボクシングが入っているのですが、 ある日プロのボクサーとボクシング未経験の女性が ゲームでの対決をしたことがあるそうです。 結果はどうだったと思います? 結果はボクシング未経験の女性の圧勝だったそうです。 ゲームの世界では、子どもや ボクシング未経験の女性が勝ってしまった・・・。 これはなぜでしょうか? せっかくなので、少し考えてみてくださいね。 ・・・ 実は、子ども達やボクシング未経験の女性はゲームでの勝ち方を知っているのです。 どうやって勝ち方を学ぶのか? 何度も練習することです(^^A;; 子ども達は勉強そっちのけで、何度でも何時間でもゲームをしていますよね。 遊び自体が練習になっているんですね。 最初から友人や兄弟を相手にゲームをする場合もありますが、 多くはコンピュータを相手に何度もゲームをします。 コンピュータ相手に勝てるようになってくると、 少なくともそのゲームをやったことのない人間を相手にすると、 勝てるようになっています。 つまり、「勝ち方」が分かるようになります レースゲームだったら、どこにカーブがあるからスピードを落として、 その後が真っすぐの道だから、スピードを上げようなど。 ビジネスに関しても同じようなことが起こります。 大まかなルールは決まっている。 でも、「勝ち方」はわからない。 実際に、ビジネスを始めてみて、体験してみて、 こんなポイントがあるんだ〜とわかることもあります。 たかがゲーム、されどゲーム ゲームに対する姿勢もビジネスの姿勢と結びつくことが多いんです。 例えば、あなたはお子さんから 「一緒にゲームをしよう!」と言われたらどんな反応を示しますか? 「そんなの子どものおもちゃなんだから、やらない!」 「面白そう!でも、子ども達にぼろ負けにされたらどうしよう」 「どうにか勝ってやるぞ!!」  などなど 様々な反応があると思います。 あなたはどんな反応を示したでしょうか? ゲームをやっている時、結果が出た後の自分 どんなことを感じ、考え、行動したでしょうか? 「負けて、悔しかった!」 「もっと、簡単に勝てる方法はないかな?」 などなど ゲームであなたが感じた感情や体験した行動は 実は、ビジネスにおいてもやってしまうことが多いのです。 さぁ、あなたはどんな反応を示すでしょうか? ビジネスでやってしまいがちなあなたのパターンを見つけてみてください。 もし、あなたがビジネスで行き詰まっていたとしたら、 勝ちパターンではなく、負けパターンにハマってしまっているかもしれません。 あなたの負けパターンを見つけ出し、勝ちパターンを見つけるならコチラ    

Related post

Recent Comments

    Return Top