記事の詳細

もちろん人生には両方が必要だ

でも、時々快適側のバランスをとりすぎてないかな?

でも快適な期間が続くと、知らないうちに快適が当たり前になり
持っているものに慣れ退屈し、感謝が麻痺して、
感動のない毎日になってしまう事も少なくない。

僕の人生的には~~~快適7割 感動3割ぐらいの割合がいいかな。

そしてその感動3割を作り出すのは、
3割のチャレンジ、冒険、逆境、不可能な挑戦、無謀な計画だったりする。

感動の多い人生を行きたいなら、

『やってみたけれど、やり方さえわからない。
 というかとうてい無理!自分にできるかどうかわからない!
 忙しすぎて、てんてこ舞い!過酷!』

・・・・な事を楽しみながらチャレンジしてみよう!

実はあなたの目の前の、

面倒で、大変で、忙しくて、時間がなくて、お金も不安で、
結果の見えない事・・・・あるでしょ。

そうそう、それそれ!!

それが人生を変えるような『感動』をあなたにもたらしてくれる感動の源

『感動源』なのかもしれない。

勇気と情熱、

それは勇気と情熱を必要とする状態・環境が必要
勇気を必要とするのは、不安だったり、不可能に思える挑戦
情熱を必要とするのは、理不尽な条件や意味を見出せないタスク、与えられる喜びのない状態。

残念ながら、快適の中には不安や不可能、理不尽や無価値さ、退屈はあまり見いだせない。
必要もないから情熱も勇気も出てこない。

感動は快適の反対語、
たまには、快適3割、逆境7割で楽しめるってのも悪くないよ。

逆境があなたの人生を感動の人生にするのだ!

クリス

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る