記事の詳細

やほ~クリスです!

一般的な日本人が成功するのに、最も重要な事の一つが、環境と集中!

「環境と集中!」

もちろん計画、決断、行動、Big Whyどれも重要だ。でもそれだけじゃなくて、
日本人には環境と集中が特に重要なんだ。

今の僕があるのも、馬鹿正直にその環境と集中に徹したからなんだ。

僕のまわりの多くの日本人では、
普通の人がものすごい成功するには、成功を加速してくれる仲間という環境が最重要なんだ。

超人でない限り日本人は、周りの人の反応に合わせてしまう。
調査によると、所属するグループの中で自分と対立する意見があった場合、

アメリカ人の70%は自分の意見を押し通す。(願望を追求する)
日本人の75%は自分の意見をひっこめて相手の意見に従う(対立回避同調行動)
をするらしい。そして5%ぐらいの人は対立の葛藤を嫌がってその環境から離脱する。

日本には、調和を保ちみんなで同じ方向に進む事をよしとする文化が根強くあるのだ。

そんな中で、80%が平凡な常識に従って生きているなか、
自分が成功するって、調和を乱す事になってしまうわけだ。

だから成功したい人は、浮いてしまうのが日本。
アメリカンドリームを実現した人はアメリカ人の多くに賞賛されるし
アメリカンドリームに向かってがんばる人も応援され、尊敬される。

でも日本ではジャパニーズドリームは少ない。
ヒーローはヒーローになってから賞賛されるけれど、
ヒーロー予備軍やジャパニーズドリームに向かってがんばる人は怪しがられるのだ。
だから日本のヒーロー達は隠れキリシタンみたいになってくる。

だからこそ「環境!」

一緒にがんばる仲間がいて、その中で自分もみんなも自分の向かっている方向に進んでいるなら
ものすごい勢いでも色々な事が動き始める。
まるでヨットに乗っていて自分の向かう方向に強い追い風が吹き始めるみたいだ。

今の日本で一人でがんばって成功しようとするのは、まるで

「蜂蜜のプールで泳いでいるみたい」なのだ。

だから何よりも環境!

僕の講座である、
MOVEもスピコチも億専も僕が作りたいのは「環境」

成長にコミットして、成功にコミットした仲間達がいる場所!
特に日本人にとって、これが人生の変化にどれほどの大きな力になるか。

成功したいなら、成長したいなら、蜂蜜のプールで泳いでいるより、
目的地に向かって流れている川を泳いだ方がいいよね。

それが日本人にとっての環境!

確かに!BigWhyがあるならすごい。

川を流れに逆らってでも夢を実現する力だ!

でも目的地に向かう川を見つけてその川を選ぶのもまた賢い選択なのだ。

だから環境!

そして日本人は、最初に何かを覚えてスキルを身につけるのが早い反面
その後に来る、第一スランプを乗り越えられない人が多い。
つまり初心者の時は勢いついて学び成長するけれど、
その後、停滞期(スランプ)に入った時
ここで飽きてしまったりやめてしまう人が多いのだ。

このスランプは、誰にでもくる事で脳が今までの学びを処理して
頭でわかった事を感情や身体に浸透させる時期なのだけど、

最初のような勢いのある成長や刺激を感じられないので、
がまんできなくなってしまうのだ。

特にファーストラーナーと呼ばれる、物覚えの早い人達に多い。
だから彼らは、色々とかじっては次へ次へと興味が移って
広く浅くもいいけれど、みんな中途半端みたいになってしまいがちだ、
ただ今の時代は、
一つの分野でNO1の専門家になっていく事が自分の価値を作り出す一つの方法だからね。
広く浅くを価値にしようとすると、競争が激しくなり非常にハードルがあがってしまう。

だから人生を変えるには一気に最初のスランプの先まで行ってしまう事が大切なのだ。
アンソニーはこれを実現するために、ほとんど年間1000万円でプラチナパートナーを作った。
脳の性質だから、第一スランプが来るのは避けられない!
だからそれを越えてスランプを乗り越えで次にいくまで波にのってしまうまで、
勢い付けてダッシュするのだ!これが集中!1年~2年ぐらい一度スランプを乗り切って
「知っている」が、「出来ている」、「生きている」まではじめのでっかい一歩なのだ。
そして勢いがつくなら、自分が変わり、アイデンティティーが変わり、習慣が変わり
付き合う人が変わり、言葉が変わり、興味が変わり、優先順序が変わり選択基準が変わる。
そして人生はもうまったく別人になってしまうのだ。そのための一年

僕はこれをゴールデンイヤーと呼んでいる。
その後の変化を作り出すための成長にコミットした一年だ。
僕はそれまで成功とか、経済的な事やあまりに疎かったので、
結局2年間かけた!その後もちらほら継続してはいるけれど、
2005~2006年には海外のセミナーに12回は行っている。
それも毎回1週間以上だ。

僕はこれを5年前に実行し人生を加速的に激変させた。
1000万円以上かかるのでテン・ミリオン・ゴールデン・イヤーと呼んでいる。

そしてまた去年から2回目の
「テン・ミリオン・ゴールデン・イヤー」をしている。
10年の夢や目標がすべて実現してしまったので、
新たなる世界と成長を求めて新たなる集中をしている。

日本人が本当に人生に変化を作りたいなら、

「環境と集中!」

Choose your peers and focus on your growth for a year!

20代の社会人なら成長イヤーに1年、
30代なら1年半、40代なら2年はかけたほうがいい。
今まで避けてきた事や苦手意識、時代遅れの常識の蓄積があるからね。

平成が始まった頃の男性の平均寿命が75才女性は80才
そして平成20年には、男性が80才女性が87才になっている。
世界の寿命はどんどん延びていて、
たった20年で5才は伸びているのだ。
という事は今40才のあなたが80になる頃には平均寿命は
男性90才女性99才になっているかもしれない。

それにアンソニーやスピコチ関係者は、健康的な食事週間や
人生を楽しみ、よく笑い、よくハグをする健康的なライフスタイルな人が多いので、
平均よりさらに上を行って、95才とか1
02才まで生きてしまうかもなのだ。

だとしたら、まだまだ人生半分の生きてない!
僕は50になって成人式をやってほしいと思ったぐらいだ。
人生の最高の楽しみは50を過ぎてからだって思ったね。

身体も、心も、精神も、今が一番で最高だ!
特に身体は、壮健で強く元気で人生で一番エネルギーを感じている。
愛とロマンスも最高で、充実と幸せがみなぎっている感じ。

だから!

環境と集中!

僕の全てのセミナーには、継続して環境と集中を提案している。

せっかくだから、ここでこれからの人生を大きく飛躍させるために、
1~2年成長に使ってみない?

高校大学以来そんなに自分の成長に時間を投資する贅沢なんて出来てないでしょ。
いつも走りながら学んでいた。走りながら決断してきた。

だから、立ち止まってこれからまだ生きる50~80年を見据えて、
大人になった今、もう一度、次の20年のために成長の投資をする時かもしれない。
一年掛けてそのあとの20年~の大飛躍を起こそう!

年パスは、これからの人生20年への飛躍的成長のホップステップジャンプになります。
僕が5年間2500万円投資して学んだ事と環境と集中のチャンスを99万円で提供します。

でも今そんな環境を選び、1~2年集中して成長した人達と10年後に再開したら・・・。
やばいことになってるかもね。

クリス

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る