記事の詳細

1億円作る人と5億円以上作る人との違い

実は、年商10億円の会社は、「1.5%」あって、
「年商5億円の会社」よりもパーセンテージが
上がっているんだ。

このデータからわかることはね、
「5億円つくった会社の多くが10億円つくってしまっている」、
「5億円つくれると、10億円まで増やせる可能性が高い」
っていうことなんだ。

では、「1億円」と「5億円以上」では、
何が違うんだろう。

「1億円つくり出すしくみの中で、自分も何がしかの役割を
担っている」、
つまり「自分が(マネー)マシーンの部品として中に
いなくてはいけない」のに対して、
「5億円以上の会社」は、お金を生むマシーンの中に、
「自分がいなくてもいい」んだ。

ということはね、自分がいなくてもいいから、
「お金を生み出すしくみ」をいくつもつくることができるし、
いくつも貸す(売る)ことができるんだよね。

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る